CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode



<< 地元スーパーで中国人カップル的な買い物! | main | 痛い〜熱い〜(泣) >>
冷凍水餃子の焼き餃子と唐揚げキング
0





    月額 1.080円で同時に3台接続出来るVPNが登場!
    PC、携帯、タブレットの3台を同時にVPN接続!



    JUGEMテーマ:中国小姐
     
    タイトルの水餃子の焼き餃子と唐揚げキングとは

    「水餃子の焼き餃子」+「唐揚げキング」の意味です。

    ハッキリ言ってどうでも良い事だと思いますが・・・(汗)


    昨日は夕方にC子から電話が有りました。


    「ご飯一緒に食べない?」

       「良いけど、今晩?」

    「うん、これから」

       「仕事は?」

    「なんか仕事に行きたくない気分なの」

       「なに食べる?」

    「私が何か作るから家に来て!」


    という事でC子の家で夕食に付き合う事になりました。

    特に予定は無かったし、そういうのも良いかなと思ったりして・・・



     


    手ブラでは大人失格かな?

    「つまみ」とビールくらいは買って行かなければ!

    と思ったりして、Oさんに電話


    「唐揚げキングって何処に有るんですか?」

       「定西路沿いの延安西路と法華鎮路の中間」

    「狭い道に入るT字路の角」


    瞬間的にポンコツ先生の

    「唐揚げキングとビールの組み合わせが最高」

    みたいな記事が頭の片隅をよぎった訳です。


    キョロキョロしながらタクシーをゆっくりと走らせました。

    そして発見!


    画像クリックで拡大


    5時過ぎでしたが、予想外に混んでました。

    想定外の大繁盛です!(驚)

    まさか「ポンコツ先生のお蔭」では無いですよね!(笑)


    10個パックを買ってC子の家へ!

    それと近場でポテチとビールも調達。



     49,800円で始める減量プログラム
     RIZAP STYLE プログラム
     あの「ライザップ」が完全プロデュース!



    先ずはビールで乾杯して、唐揚げとポテチでスタート。

    DVDを見ながらビールを飲んでいる間にC子が手際良く料理を作る。


    出勤拒否に陥っているC子に


    「やっぱ仕事に行った方が良いと思うよ」

       「なんか気が向かない・・・」

    「気が向かないと仕事しないの?」

       「・・・」

    「終わったら夜食に付き合うよ」

       「待っててくれる?」

    「良いよ」

       「じゃあ早目に帰って来るね」

    「早く無くても良いからちゃんと仕事しろよ!」

       「分かった」


    ともかく出勤する事になった。

    仕事に行くからにはちゃんと食べなければ!

    という事で主食は冷凍焼き餃子。


    「餃子焼くね!」

       「いいね、作ったの?」

    「冷凍だよ」

       「でも、これって水餃子用じゃないの?」

    「大丈夫、ちゃんと日式焼き餃子になるから」

       「本当に?」

    「本当だってば!」


    日式焼き餃子の焼き方は「国慶節同居」の際に、私の自宅で教えたので知っている。

    但し、私の家に常備してある冷凍餃子は「ニチレイの日式鍋貼」で、最初から焼き餃子仕様です。

    焼き方を同じにしても「冷凍水餃子」がうまく焼けるとは思えない。

    そもそも皮の厚さが全く違う!


    「火が通っていれば食えない事は無いだろう」

    と待つこと10分。

    出来上がって来ました!


    見た目は道端で売っている「生煎餃」に似ています。

    画像クリックで拡大

    何と、それっぽく焼けています!

    形が「焼き餃子」っぽく有りませんが、見た目はままあです。


    「どう?美味しい?」

       「うん、悪く無い」

    「でしょ! それにこっちの方が全然安いんだよ!」

       「そうなの?」

    「うん、半分くらいの値段だよ」


    さすがC子!

    小姐としてのプロ根性は欠けるが、経済感覚は普通の女の子です。

    そんな手前味噌な話はどうでも良かったですね!(汗)



     2年連続売上げNo.1
     三段重おせち料理
     12月30日のお届け
     早目の注文には特典付き!



    餃子の話に戻りますが、水餃子はそのまま食べるので塩味がキツイです。

    日本のように「醤油+酢+ラー油」を使うとかなり塩っ辛くなります。

    なので、酢・ラー油はOKですが、醤油は使わない方が良いと思います。


    なんて事を書いても、こんな「ケチくさい事」に興味を持つ日本人カップルはいませんよね!?(笑)


    「唐揚げキング」と「冷凍水餃子の焼き餃子」で喜んでる私ってどうなの?


    でも、小姐の出勤前の食事ってこの程度なのでしょう!

    同伴でお客と豪華な食事をしている小姐なんて一握りだと思います。


    「ガンバレ庶民駐在員!」と思われた方はポチッと応援を!
    「もう少しマシなネタ無いのかよ!」という方も次回に期待で・・
        ↓        ↓
     にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  

    中国のナイトライフ情報は >>> にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ






    | 甘えん坊 | 23:48 | comments(4) | - |
    コメント
    zico様
    確かにランチにいくら使うかは価値観の問題なので拘る必要は無いのですが、高い店だとついつい「無駄」と思い、隣の安い店に入ってしまいます。
    そう言うのが貧乏臭いという事なのだと思います。
    KTV2回分で毎日130元のランチは食べられるのですけどね!(笑)
    駐妻の方々から見ればKTVこそ無駄の極致だと思います。
    130元ランチもKTVも五十歩百歩?、お互い様です。
    やはり何にいくら使うかは価値観の問題ですね!(笑)
    | 管理人 | 2014/10/20 1:46 AM |
    私も昼食は50元が限界ですよ。130元のランチを食べようと思えば食べられますが価値観の問題ですね。自分で稼いで居れば、どこにお金を使うかですね。だから「いつかは130元のランチを食べてやる」なんて思う必要ないと思いますよ。個人の意見ですが・・・・。それよっか駐在太太様達に言いたいのは、こんな危険な中国で子供を育てていいのって、PM2.5がどうのこうのってブログに書いてて、色々事情は有るにせよ子供を危険にさらしてランチどこそこが美味しいよって、やっぱおかしいですよ、考え方が!少し言い過ぎましたかね!けど事実です。
    ごめんなさい、このブログに関係なかったですね。これからも頑張って下さい。
    | zico | 2014/10/19 12:44 PM |
    zico様
    コメントありがとうございます。
    小姐との生活は決して褒められたものでは無いので、ヒッソリと慎ましやかにしています。
    ただの「貧乏生活ブログ」とも言えますけど・・・(笑)
    それにしても駐妻さん達の生活はスゴイと思います。
    「○○のランチは100元で超お得、プラス30元でデザート付き!」みたいなのにはビックリ!(羨)
    合計130元って日本円で2,000円以上です。
    私の勤めている会社では、恐らく社長のランチ代もせいぜい1,000円程度です。(悲)
    貧乏駐在員の私には有り得ない世界。
    だって、私のランチ代と駐妻さん達のドリンク代が同じような金額ですから・・・(泣)
    果たして私にもそういう贅沢な生活が出来るようになるのでしょうか?
    その日を夢見て、駐妻さん達の贅沢ブログが私の仕事へのモチベーションになってます!(笑)
    「いつかは俺も130元ランチを食ってやる!」みたいな・・・
    小さ過ぎですかね!(爆)
    | 管理人 | 2014/10/19 11:58 AM |
    ん!いいブログですね!日常のある風景、目に浮かびますよ。
    小姐との生活には否定的な意見が多々有りますし、駐在太太様からは全否定されますからね。しかし、駐在太太様達の豪華な生活の紹介を読んでいるより、田舎から出てきて一生懸命生活をしている小姐の生活の紹介を読んでいる方が楽しいです。
    こんな事書いてしまったら大変な事に・・・・。
    一つの意見ですから大丈夫ですね。
    これからも日常の風景を書いて下さいね。
    「仕事行きたくない」、やさしく「仕事行った方がいいよ」
    いい風景ですね!!!
    | zico | 2014/10/19 10:49 AM |
    コメントする